ワークショップ:フランスの医療で用いられる30種類の精油の化学成分と作用 (2019.4.21)

フランスの国立大学で、医師や薬剤師などに医療で使用される精油の化学成分や薬理効果について指導されているドミニク・ダヴェンヌ氏の来日講演が決定しました。フランスでは、様々な病気治療に、医師が精油を処方するケースがあり、化学成分や特性の知識が必要です。
今回は、代表的な30種類の精油の成分や特性、作用について講義していただきます。
精油の科学的に裏付けされた、正しい精油の知識を学べる機会です。(同時通訳付き)

日程 2019年4月21日(日) 10時~17時
講習内容 ・フランスの医療で用いられている30種類の精油の化学成分と作用
・精油の生物活性と、医学的、美容的な性質
講師 ドミニク・ダヴェンヌ
(フランス・レンヌ大学アロマテラピーコース講師)
受講資格 どなたでも受講していただけます。
受講料 13,000円(税別、テキスト代込)
テキストの準備があるため、事前にメールまたは電話でお申込ください。

© 2017 Japan Institute Holistic Care Ltd, All Rights Reserved.