卒業生の医療福祉への導入例

卒業生の医療福祉への導入例です。
仕事として医療福祉現場で、アロママッサージの施術をしている事例のみ掲載しています。(ボランティアは除いています)

その1その2その3

名前:山下ゆり

職業:訪問看護師施設の種類(所在地):訪問看護(神奈川県)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ、芳香浴

具体的な導入例

慢性リウマチの患者様
毎週訪問時らリラクゼーション・疼痛緩和・循環促進目的でのアロマトリートメントを約40分程度取り入れている。
神経痛があるため、そちらの介入と、随時、症状増悪のストレスがあり、精神的に不安定となるため、香りとタッチによるアロマトリートメントで症状緩和の効果が感じられる。


名前:三村

職業:介護福祉士施設の種類(所在地):老人保健施設(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ、ディフューサー

具体的な導入例

下肢に浮腫のある方(左片麻痺ね脳梗塞による高次機能障害)
キャリヤーオイルを使用し、足底、足背、足首を中心にアロママッサージを15分/回程度。
表皮がつっぱっていたものが、軟らかくなり、本人様も気持ち良く、軽くなった感じがしたとのこと。装具の締め付け跡や、靴下の跡もなくなった。
ディフューザーについて、インフルエンザやノロウィルスが流行する時期に、精油を使用するが、フロアーが広いので検討中。


名前:和田幸子

職業:看護師施設の種類(所在地):病院(長野県)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

直腸がん末期で、肛門部に腫瘍が増大し、局所の痛みと、それに伴い下肢が伸展できず、常にクッションなどで下肢を屈曲位に保っていた患者様。
下肢のアロママッサージを行うことで、自然に下肢を伸ばすことができ、気持ちがいいとおっしゃっていました。また、抗がん剤による足趾のビリビリした痛みが緩和するとおっしゃっていました。また、背部や上肢のマッサージを行うことで呼吸がゆっくり深くすることができ、体全体が溶けていくような緩む感覚があるとのことでした。


名前:T.S.

職業:看護師施設の種類(所在地):病院(神奈川県)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ、アロマスプレー

具体的な導入例

拘縮のある患者さんに対して行うと良かった。
皮膚トラブル予防、拘縮防止になる。
病衣が着せやすい。おむつ交換がしやすい。
意識のある患者は、特に、見た目のボディーイメージを気にするので、アロマトリートメントを行うと表情が柔らかくなる。
会話しやすくなる。
日常業務の中のケアとして行うので、短時間だが継続が大事。
今後は家族指導して、面会時に家族が患者に短時間でも、部分的でも行ってもらうことも検討中。


名前:ヨシエ

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):病院(岐阜県)

アロマテラピーの活用方法全身アロママッサージ

具体的な導入例

病院の外来と病棟で、月に70~80名の産前産後の方に全身アロママッサージを行っています。
具体的な症例をとしては、肩凝り、腰痛、浮腫みなどの他、マタニティブルーなどの精神的なケアにも携わっています。

名前:渡辺 なおみ

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):病院 (ホスピス、リハビリ病棟、認知症病棟、一般病棟)(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

各病棟、入院患者様は、不安な気持ちになりがちです。少しでも心と体が休まる事を考えながら、アロマを実践しております。
・認知症病棟、一般病棟では、四肢のアロママッサージ、リフレクソロジーが中心。不安の軽減、血行促進や皮膚の保湿、足の清潔などにも有効。
・リハビリ病棟では、上記に加え、モチベーションを上げる事や脳血管障害等の後遺症(拘縮、麻痺等)の方の関節可動域等が少しでも広がる事を意識しながら、アロママッサージを実践しております。
・ホスピスでは、気持ちや体調が不安定になりやすい方も多いです。
患者様の当日の状態をご本人、担当看護師の方からお聞きしながら、リラックスを中心に、疼痛ケア、むくみ、吐き気など、患者様のご要望にあわせて施術しています。患者様のご希望の部位を、無理のかからない範囲で施術させて頂きます。
精油の選択はメディカルアロマを意識したものですが、孤独感に押し潰されされそうな時、[触られる事]が「心地よい」「痛みが和らぐ」と言う声が大変多く、TLCを大変実感しております。患者様の声+気持ちを込めて、これからも励んでいきたいと思います。


名前:松本 由美子

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):病院(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

入院されているがん患者さんや脳血管障害後遺症、認知症、パーキンソン病などの方へ四肢のアロママッサージ


名前:川島 みつる

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):病院(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

がん、脳血管障害、認知症なと、入院されている患者さん及び患者さんのご家族、勤務されている職員へのアロママッサージ


名前:多田 絵里香

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):病院(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

現在、院内で出産後から退院するまでの間に、お一人、30分の部分トリートメントを行っています。産後は腰痛や浮腫み、精神的なストレス等、様々なトラブルがあります。なかには尿の出が悪くなる方もいらっしゃいます。
その方は産後3日目で、ずっと入れていたカテーテルを外し、様子をみて、ダメな場合は、夜にまた、カテーテルを入れることになっていました。
施術前のコンサルテーションで、肩こり、腰痛があること、また会話の感じから、自分の身体が思うようにいかない苛立ちも受け取れたため、まずは身体の力を抜いて、リラックスしていただくのを目的に、精油選びとトリートメントを行いました。
施術後は、ぐっすりお休みになられていました。
終了直後の会話では、「すごく気持ち良くて別世界でした。病院にいるのを忘れていました。もっとやってほしい!」と喜んでくださいました。それだけでも安堵していたのですが、翌朝、廊下で呼び止められ、「あのあと、尿がちゃんと出るようになって、予定通り、明日退院できることになりました。ありがとうございました」と、とても嬉しそうにお礼を頂きました。
セラピストとしてトリートメントをしていて良かったと、大変嬉しく、元気をもらえたケースとなりました。


名前:高藤 晃江

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):産婦人科小児科病院(神奈川県)

アロマテラピーの活用方法全身アロマトリートメント

具体的な導入例

主に出産後や妊婦の患者さんにアロママッサージを行っています。

産後は、幸せな気持ちになる方ばかりではありません。いろいろなお産があり、いろいろな感情があり、マタニティーブルーになる方も多々いらっしゃいます。お身体もダメージが強い方も多く、それは大きなストレスです。産後にアロマトリートメントをすることによって、身体が楽になった・疲れが取れた・前向きになれた・生き返った・癒された・ストレス解消になった・リフレッシュできたなどの感想もたくさんいただいています。産後のケアとしてのアロマテラピーの重要性を、産後の現場より常日頃感じずにはいられません。産後の患者様お一人お一人に寄り添うケアができるよう、限られた短い時間の中で心を込めてアロマテラピーを行っていきたいと思います。

名前:須田花香

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):病院(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

産後女性に背中のトリートメント。気が張っていたようだがトリートメントを受けて気持ちが緩んだのかポロポロと涙を流し不安を吐露。「不安でいっぱいだったが医者や助産師には言えなかった」と訴えられ、マタニティブルーが判明。ゆっくりと話す時間を作り、医療側へも情報共有。退院1ヶ月後、再度アロマセラピーを受けられ「あのときのアロマと話を聞いてくれたことに救われた。あのときは辛かったが、今はまた子供が欲しいと思っている」と笑顔を見せてくれた。


名前:阿河 直美

職業:アロマセラピスト施設の種類(所在地):福祉施設 (介護施設)(神奈川県)

アロマテラピーの活用方法職員へのアロマハンドマッサージ

具体的な導入例

スタッフの方にイベントとして、アロマハンドマッサージを実施しています。
スタッフの方の心身の状態を記録に残すこともしていて、特にストレス度が高く心身の健康に大きく影響が出ていると感じるスタッフの方の情報は、施設の担当の方に、個人的に伝えたくないような事を省き、お伝え出来る範囲内でお伝えすることもしています。
事務長からは、「スタッフが離職してしまう前に施設側でも出来る限りのサポートが出来る。スタッフがいま仕事に対して何を感じて、何を不安に思っているかがわかり、個々に合わせたサポートを考えられるから大変助かっている」というお言葉を頂きました。
スタッフの皆様からも、毎回楽しみにされているというお声や、当初は恥ずかしがられていた男性スタッフの方々も、他のスタッフの方にこのサービスを薦めて下さったりと、とても良い反応を下さっています。


名前:鈴木

職業:看護師、アロマセラピスト施設の種類(所在地):クリニック(東京都)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ、ディフューサー

具体的な導入例

下肢静脈瘤の治療後の下肢ケアとしてアロママッサージを提供


名前:チヤ カオル

職業:看護師 (訪問看護)施設の種類(所在地):訪問看護(千葉県)

アロマテラピーの活用方法アロママッサージ

具体的な導入例

糖尿病、脳出血後、脊髄小脳変性症、認知症、変形性膝関節症…等の疾患をお持ちの方の訪問をしてます。


名前:石井

職業:看護師施設の種類(所在地):介護施設(東京都)

アロマテラピーの活用方法ディフューザー

具体的な導入例

・風邪等が流行る時期に、利用者の入室時・利用中の時間をみて使用。
・利用者の排泄による汚染や、衣類の汚染による周囲への臭い環境の一時的な改善
・眠気予防やリラックスの為

© 2017 Japan Institute Holistic Care Ltd, All Rights Reserved.