アクセス サイトマップ HOME アクセス ケアグループ

アロマスクール 日本ホリスティックケア研究所のトップ > IFA認定メディカルアロマテラピーコース

IFA認定メディカルアロマテラピーコース

コースのトップに戻る コース全日程 講師紹介
資料請求 受講お申し込み
※ コース資料は、「資料請求」よりダウンロードしていただけます。
  郵送を希望される方は、「郵送での資料請求」をクリックしてください。

Vivat HolisticTrainingは、IFA創設者の一人、ジャーメイン・リッチ女史によってつくられた、プロ養成のための専門コースで、1996年にIFA認定校として日本で初めて開講しました。
充実した解剖生理学と病理学、そして人一人の症状に合わせて、医学にもとづいたアロマテラピーの知識とアロマテラピーマッサージの技術を学びます。
メディカルアロマテラピーコースは、どなたでも受講できるコースです。

コースの特長

ジャーメイン・リッチ先生当コースは、IFA創設者であり、40年間アロマテラピーの実践と教育に携わってきたジャーメイン・リッチ校長が、1996年に開講した日本で初めてのIFA認定コースです。

1950年代後半に、オーストリア人の生化学者マルグリット・モーリー女史がスウェーデン式マッサージの技法を用いたモーリー式アロマテラピーマッサージを開発し、ロンドン在住のフランス人ミシュリン・アーシエ女史に伝授。その後、アーシエ女史はロンドンにイギリス初のアロマ専門クリニック 「ミシュリン・アーシエ・アロマテラピークリニック」を開きました。

当コースの校長ジャーメイン・リッチ女史は、1969年にアーシエ女史からアロマテラピーを学び卒業後はクリニックに勤務し、アーシエ女史のアシスタントを務めるかたわら、フランス医学にアロマを導入したフランス人医師 ジャン・バルネ博士のもとでアロマセラピストとして従事しました。
1985年、リッチ女史はアロマセラピスト組織として世界初のIFA創設メンバーとなり、IFA会長AOC執行委員を歴任して、アロマテラピーの普及とアロマセラピスト育成教育に携わってまいりました。現在は、ミシュリン・アーシエ女史のワークを引き継ぐとともに、イギリスを中心にヨーロッパでの講演IFA認定アロマセラピスト養成、アロマオイルのプロデュースに携わっています。

IFA認定メディカルアロマテラピーコースでは、ジャーメインリッチ校長によりプログラムされた補完代替療法としてのアロマテラピー、様々な症状や病気に対応するために必要な医学知識と、専門的なアロマテラピーの知識と技術を学びます。また、多くの症例に対して、アロマセラピストとしての実践的なアプローチの方法を学びます。
IFA認定コース医学知識と確かな技術にもとづくアロマテラピーは自律神経系やホルモンのバランスを助け、様々な症状緩和に有用です。プロのアロマセラピストとして健康な人だけでなく、病気の人にも対応できるメディカルアロマの正しい知識と技術を習得していただけます。

《卒業生の主な進路》
病院、心療内科、ホスピス、老人ホーム、病院併設サロン、アロマテラピーサロン、 治療院、 自宅開業、 エステティックサロン、スパ、ホテル、スポーツクラブ、精油会社

《補完・代替療法とは》
補完・代替療法とは、現代西洋医学以外の各種療法の総称。『相補する、補う』と『療法 』を合わせた言葉で、一般的に自然療法や伝統的な医療を含めた様々な療法を指します。
欧米では、西洋医療の治療を受けている方が補完代替療法を併用しているケースが多く、また肩こり、慢性疲労、筋肉痛、不眠傾向、生理不順、うつ症状などのストレスに関連した状態に、アロマテラピーとオイルマッサージを組み合わせたトリートメントが健康管理の一環として幅広く活用されています。イギリスでは、一部のアロマトリートメントが民間の医療保健の適用となる場合もあります。

講習内容
解剖生理学・病理学

人間の身体のしくみと機能を学び、様々な病気を学習します。モーリー式アロマテラピーは自律神経系に働きかけて、様々な症状を緩和する効果に優れた療法として知られています。
当コースはモーリー女史が考案した自律神経系に基づくメソッドを実践できるアロマセラピストの育成のため、病気について理解し、基本的知識を指導するとともに、自律神経系の心身への影響、疲労のメカニズム、生活習慣に起因する疾患との関連などについて詳しく学びます。
の内容が盛り込まれています。健康な人だけでなく、病気のクライアントにアロマテラピーを実践するために、病気に対する基本的知識を指導するとともに、生活習慣やストレスと疾患との関連などについて詳しく学びます。

内容 ● 解剖生理学および病理学
(概論、骨格系、筋系、循環器系、リンパ系、呼吸器系 神経系、消化器系、内分泌系、生殖器系、泌尿器系、皮膚)、嗅覚のメカニズム、ホメオスターシスとストレス学説、 筋収縮と疲労のメカニズム、筋肉の部位と関節運動
スウェーデン式マッサージ

スウェーデン式マッサージ(スウェディッシュマッサージ)は、欧米で最も広く知られているマッサージです。このテクニックは、全身の筋肉と関節に働きかけるため、解剖学に基づいた筋肉や関節構造を理解することが基本となります。そのため、スウェーデン式マッサージと筋肉および関節の解剖学の学習を同時に勉強します。植物の栄養素を豊富に含むオイルマッサージを通して、血液やリンパの流れを促進して老廃物を除去し、筋肉の緊張をときほぐしてリラックスを促すことにより、肩こりなどの不快な症状を改善し、心身の疲労回復やリフレッシュ作用に優れた効果を発揮します。授業では、筋肉の正しい位置や筋肉の走行に働きかける専門的なスウェーデン式マッサージのテクニックを基礎からわかりやすく、丁寧に指導します。

内容 タッチング、正しい姿勢と体重のかけ方、スウェーデン式マッサージの歴史
スウェーデン式マッサージの技法と効果、禁忌、骨格・筋肉・関節の位置の確認
症状や病気に対するスウェーデン式マッサージ、高齢者向けのケア、機能障害のためのケア、コンサルテーション
アロマテラピー理論

精油の基礎知識から薬理特性や化学成分などの応用を勉強します。精油は心身のバランスを整えて様々な不調を和らげたり、痛みや緊張による苦痛の緩和などを目的として使用することができます。コースでは、アロマテラピーの歴史や植物学、精油の抽出法や使用方法などの基本知識から、精油に含有されている化学成分の知識や薬理効果、精油の毒性や注意事項など、精油を専門的に扱うアロマセラピストとしての専門知識を学び、クライアント一人一人の症状に合わせた精油のブレンド方法を身に付けます。

内容 ホリスティックアロマテラピー論、歴史、栽培方法、植物学、精油の抽出法
各精油の特性と効果、植物油の特性と効果、植物油の抽出法と成分
精油の使用方法、保管方法、精油の吸収、精油の化学、精油の毒性、薬理作用
成分分析と偽和、症状に合わせたブレンド方法、禁忌、コンサルテーション、 アフターケアとホームケア、トリートメントプランの立て方、症例
職業倫理、開業ガイダンス、症例の取り方
筋・骨格系・循環器系・リンパ系・呼吸器系・神経系や心理面・痛みの緩和・内分泌系・消化器系・泌尿器系・皮膚に効果的な精油とブレンド
アロマテラピーマッサージ実技

アロマテラピーマッサージは、オーストリアの生化学者マルグリット・モーリーが創った自律神経系の経路に沿って行う特殊なテクニックです。このコースでは、マルグリット・モーリー女史からミシュリン・アーシエ女史を経由してジャーメイン・リッチ校長に伝授された伝統的なマルグリット・モーリー式 アロマテラピーマッサージの技法を基礎から指導します。
アロマテラピーマッサージは自律神経テクニックにより、副交感神経系に作用して、自律神経系のバランスを整えてストレスを和らげます。心身の様々な不調や病気に対する不安に特に優れた技法で、気持ちを落ち着けて元気づけたり、睡眠のトラブルを改善したり、ホルモンのバランスを整える働きに特に効果的に作用します。
コースでは、スウェーデン式マッサージで習得したマッサージの基本技法を用いて、自律神経系に働きかけるアロマテラピーマッサージ・テクニックを基礎からしっかりと指導します。

内容 アロマテラピーマッサージ技法 (フェイシャルトリートメントを含む)、コンサルテーション  症状に合わせたアロマテラピーマッサージ、症例
メディカルアロマテラピー

様々な症状や病気の方に対して、症状緩和を目的とするメディカルアロマテラピーを学びます。専門的な精油の作用やアロマテラピーマッサージを習得することにより、自律神経系やホルモンの調節、筋緊張の緩和を助け、様々な症状に対して効果的に働きかけることが可能になります。
また、病院でのアロママッサージの実践方法や症例、ガン患者へのアロマの効果と注意すべき点、クライアントの自宅に訪問する出張アロマの実践方法などを学びます。

内容 様々な症状や病気の人に対するアロママッサージの施術と注意点
病院でのアロママッサージの実践とアロマセラピストの役割
認知症・関節の拘縮や変形の方に対するアロママッサージの施術と注意点
ガン患者へのアロママッサージの効果と注意点
出張アロマの実践方法と注意点
IFA本部試験対策について

当コースでは、IFA本部試験に対応するため、年間の授業を通して試験対策に役立つきめ細かな講義を行なっています。また、IFA本部試験まで定期的に模擬試験を実施し(無料)、本部試験合格に向けて充実したサポート体制でバックアップしています。 (2011年〜2015年のIFA本部試験合格率:  90%)

卒業後のアフターフォローについて

卒業後のアフターフォローとして、卒業後も実践で分からないことがあれば、いつでも質問していただけます。常にスクールからのバックアップが受けられるので、卒業後も安心してアロマセラピストとして活動していただけます。
さらに、より専門的な知識とスキルを身につけるため、勉強会を定期的に実施しています。無料復習会、看護師対象無料復習会、アロマテラピーマッサージ復習会、スウェーデン式マッサージ復習会、アロマフェイシャル実技クラス、メディカルアロマテラピー講座、メディカルアロマテラピー臨床実践クラス(疾患・がん患者・妊産婦へのアロマ)など。
卒業後、医療機関や福祉施設において、患者様へのアロマテラピートリートメントを希望する人は、提携している病院・ホスピス、福祉施設での研修制度がございます。
また、医療福祉機関でのアロマテラピーボランティアを希望される人は、アドバイスから技術指導まで、スクールで万全のバックアップをいたします。
卒業後、開業を希望される人には、技術指導のほか、開業までに必要な準備講座や開業講座を提供しています。



▲アロマスクール ページ先頭へ戻る

リンクサイトマップ個人情報保護方針