当校の授業時間が多い理由

卒業後、アロマセラピストとして仕事をするには勉強する内容が多く、しっかり技術と知識を身につけて卒業していただくためです。

簡単な技術であれば手順だけ覚えればよいのですが、専門家として、お客様や患者様の状態にあった施術や精油を選択するためには、より高度な技術と知識が必要になります。

例えば、マッサージの技術をとっても、ただ背中をなでるのと、背中のどの筋肉に働くのか、どの神経に働くのか、それにより、どんな結果を期待するのか、高度な技術を身につけるためには、1回で習得できることは不可能です。実技講師は、受講生に指導する際、段階をつけて指導していきます。初回は細かい点には触れず、大きな流れを理解するよう指導します。通常、同じ部位を3~4回復習しますので、2回目には筋肉の正しい部位、3回目には圧のかけ方や筋肉に正しくマッサージをする方向など、、、徐々にレベルを上げて授業を行うことで、受講生は無理なく正確な位置と技術を身につけます。

また、このような複雑なマッサージ技術を身につけるには、解剖生理学で筋肉の正しい位置を学び、実際に、どこにどんな筋肉が付着しているのか、どのような形をしているか、手で正確に触れられるよう勉強しておいて、アロママッサージと連動して学習することが必要です。そのためには、単に教科書を見るだけでなく、実際に触れたり、動かしたり、関節運動を学んだり、毎回の授業がより具体的で、実践に即した内容であることが必要です。

© 2017 Japan Institute Holistic Care Ltd, All Rights Reserved.