IFA認定 アロマケアコース

IFA認定 アロマケアコースご案内

アロマケアコースは、高齢者、発達障害・精神障害・身体障害など障害のある方、乳幼児などケアに携わっている方に、香りやタッチングを用いて、ケアする側も、ケアされる側も、リラックスできる楽しい時間を共有していただく方法を習得していただくことを目的としたコースです。

また、アロマケアは、イギリスでは高齢者施設や障害者施設においてQOL向上のために導入され、ケア現場で実践されています。医療・福祉現場で働くケアスタッフの方、ご自宅でご家族をケアされている方、高齢者や障害者に対するアロマケアに関心のある方にお勧めのコースです。

コースの特長

ケアが必要な高齢者や障害のある人、特別なケアが必要な子供からお年寄りに対して、アロマの香りや優しいタッチを通して心と感情に働きかけ、ストレスの緩和やコミュニケーション向上の提供を目的としたソフトなマッサージや様々なアクティビティーの実践方法を学んでいただくコースです。

当コースでは、高齢者や様々な障害について学び、ケアにおいて必要な基礎医学の知識と、マッサージの方法、アロマケアの実践を習得していただけます。
なお、当コースは、高齢者ケア、発達障害など障害の方のケアを学んでいただくコースです。 福祉施設やご自宅などでアロマケアとしてご活用いただけますが、アロマセラピスト資格を取得していただくコースではございませんのでご了承ください。

日程(東京)

アロマケア 東京コース 2020年3月開講・土曜コース  (全6日間)
日程 2020年 3/7 (土)、4/4 (土祝) 、5/16(土)、
6/13(土)、7/25(土)、8/8(土)8/8,高齢者福祉施設実習(任意)
(全6日間) 
講習時間 午前10時~午後5時(昼食休憩 1時間)
お申込締め切り 2020年2月26日 (水)
アロマケア 東京コース 2020年3月開講・月曜コース  (全7日間)
日程 2020年、3/9(月)、3/30(月)、4/20(月)、 5/18(月)、
6/15(月)、7/13(月) 、8/3(月)、高齢者福祉施設実習(任意)
(全7日間)
講習時間 午前10時~午後4時(昼食休憩 1時間)
お申込締め切り 2020年2月28日(金)

最低履行人数

2名 (受講人数が最低履行人数に達しない場合は、コースがキャンセルになる場合がございます。ご入金いただいた場合、受講料は全額ご返金させていただきます。)

講習場所(東京)

新宿区四谷三栄町3-11 中村ビル3階 日本ホリスティックケア研究所
 (JR中央線・総武線 四ツ谷駅から徒歩4分、東京メトロ南北線 四ツ谷駅から徒歩3分、東京メトロ丸の内線 四ツ谷駅から徒歩5分)

日程(大阪)

ただいま日程調整中のため、日程が決まり次第ご案内させていただきます。

受講資格

認知症や発達障害の方へのアロマケアに関心のある方。

資格は必要ありません。男性の方も受講可能です。

受講料

133,800円(税別) (※ 受講料にはコースで使用するテキスト代、教材費はすべて含まれております。)

受講料以外にかかる費用

※ IFA介護員(ケアラー)学生会費 約5,500円(税別)
※ IFAアロマケア査定料 約3万円(税別) (次期査予定日は、2020年9月)
査定はイギリスのIFA本部より査定官が来日します。
IFA査定は受験者が4名以上で実施が可能となります。
査定合格者は、IFAより、IFA介護員(ケアラー)としての修了証(ディプロマ)が授与されます。

※ アロマケアコース修了者は、IFAアロマタッチ査定を受けることが可能です。
査定合格者は、IFAより、IFA介護員(ケアラー)としての修了証(ディプロマ)が授与されます。
査定は4名以上で実施が可能となります。査定料として約3万円(税別)が別途かかります。

講習内容・時間数

  講習時間数
解剖生理学 5時間
アロマケア理論、ホリスティックアプローチ 3時間
アロマテラピー理論と精油 13時間
タッチとマッサージ実習、高齢者の病気、 障害の種類と状態 14時間
高齢者福祉施設実習 3時間
総講習時間数 38時間
アロマケア概論 アロマケアとは、アロマケアの目的と役割、ケアの定義
ホリスティックアプローチ
解剖生理学 解剖生理学の基礎、嗅覚の構造と心身への働き
高齢者の疾患 認知症、パーキンソン病、関節リウマチ、麻痺や拘縮のある方との接し方、など
障害の種類と状態 知的障害とは、自閉症、アスペルガー症候群、ダウン症、ADHD(注意欠陥性多動)など
アロマテラピー理論 アロマテラピーとは、精油の特性と使用法、キャリヤーオイルの基礎
アロマケア実技 ハンドマッサージ、フットマッサージ、衣服の上からのアロマケア、高齢者福祉施設での実習、など

アロマケアコースの役割

  • ストレスを軽減し、緊張を和らげます
  • コミュニケーションの向上に役立ちます
  • 人との関わりをもつ機会をつくります
  • 心のバランスを取り戻します
  • 個々人が自己に対する尊厳の気持ちをもつよう手助けします
  • 介護される側だけでなく、介護する側にも良い香りの中で、心身とともにリフレッシュします

アロマケアコースの内容

アロマケアコースでは、年齢や障害の程度に合わせて、皆が楽しめる様々なケアの方法を学びます。

ゲームや工作 
布やボールを用いて皆で遊べるゲームをしたり、絵を描いたり、紙芝居をしたり、簡単な工作など、年齢層や、グループの状況に合わせて、楽しい時間を共有できるように工夫します。

アロマケア・マッサージ
タッチによるコミュニケーションを図ることを目的としたマッサージを行います。これは触れることに抵抗のない人のみに適用します。洋服の上から行うマッサージと、オイルを用いたハンドマッサージとフットマッサージがあります。

精油を使用したケア
クッションや小物などに精油で香りをつけてリラックスする助けをします。また、ルームスプレー、小物などで精油の香りを室内にただよわせ、ゲームや簡単なストレッチなど、グループや個人の状況に応じて活動を行います。

講師紹介

ベンゼル智子

横山智美(東京コース)

濱坂千世美(大阪コース)

西山亜矢子(精神保健福祉士)

  • 受講お申し込み
  • 資料請求

コース紹介

  • IFA認定 メディカルアロマテラピーコース
  • IFA認定 看護師対象 医療アロマテラピーコース
  • IFA認定アロマタッチコース
  • 英国ベイリースクール リフレクソロジーコース
  • 解剖生理学コース
  • スウェーデン式マッサージコース
  • ワークショップ
  • 通信教育

© 2017 Japan Institute Holistic Care Ltd, All Rights Reserved.