フランスのアロマとイギリスのアロマの違い

フランスでは、アロマテラピーは医師が治療の一環として用います。医師や薬剤師が精油を薬品として用いていて、治療目的で、患者の病気や患者の状態に合わせて精油を内用薬として、または外用薬として用います。フランスのアロマテラピーは、精油が薬品ですので、マッサージは一般的ではありません。フランスのマッサージはエステティックとして、スパやエステサロンで、製品化されたアロマオイルを用いて行われます。

イギリスでは、アロマテラピーは医療ではなく、主に、資格のあるセラピストによるマッサージの方法が用いられます。エステやスパで用いられたり、一部は病院で、補完代替療法の一環としてアロママッサージが用いられます。アロマテラピーはイギリス政府で補完代替療法として認められていて、健康保険にアロマテラピーマッサージが適用されるものもあります。病院にアロマテラピーマッサージを導入した初めての国はイギリスです。現在も、多くのホスピスや産婦人科などでアロマテラピーマッサージが行われています。

日本で用いられているのはイギリス式です。一部、「フランスのアロマ」と言っている業者もいますが、フランスのアロマは医師と薬剤師が医療として用いるものですので、フランスのアロマは、まだ日本にはありません。

また、フランスから精油を輸入されている業者もあります。もともと、民間療法として精油は古くから用いられていました。その流れが残っているようです。薬品として医療に用いられる精油は、フランス政府で認可されています。この「フランス政府で承認されている」精油は、基準が非常に厳しく、信頼できる精油です。
現在、日本で、フランス政府で承認されている精油を購入できるのは一社です。 厳密な分析データが示されていることが必要で、その基準に合格するのは容易ではありません。

© 2017 Japan Institute Holistic Care Ltd, All Rights Reserved.